長径術にかかる費用には保険は適用できる?

投稿者: | 2020年2月6日

保険適用はされない治療

男性器の悩みも人それぞれ違いがありますが、長さが足りないことで悩む人も少なくありません。そして、トレーニングやサプリメントなどで自己流の努力をしている人もありますが、自己流の方法だけでは十分な長さを得るのは難しいといえるでしょう。しっかりと悩みを解消するのであれば、長径術と呼ばれる治療を受けることもおすすめです。
費用の負担も気になるところですが、包茎手術の場合は保険適用ができる例もあり、費用を安く抑えることもできます。長径術も医療行為ですが、疾患の治療というわけではなく、どちらかというと見た目を良くする治療になりますので、長径術は保険適用はされず自由診療になります。自由診療になると料金は高くなる傾向にありますので、長径術を受ける前は価格も確認しておきましょう。
手術費だけではなく診察料や麻酔、アフターケアなどの総費用を知っておくことが大切です。長径術がどれぐらいの費用がかかるかは、選ぶ治療方法によっても違いがありますが、20~40万円程度発生することが多くなっています。

治療費用を安くする方法を知る

長径術をするときは、できるだけ費用は抑えたいところですが、まずはどのような治療にするかを決めておきましょう。切らない治療であれば、比較的料金も安くなっています。そして、同じような治療でもクリニックによって費用は変わってきますので、公式サイトなども参考に比較しておくことがおすすめです。症例によっても価格は変わってきますので、カウンセリングの際は正確な料金を確認しておきましょう。
治療費用を抑える方法としては、各クリニックが用意しているお得なキャンペーンを活用するという方法もあります。それから治療部位の写真撮影などに抵抗がないという場合は、モニター制度を活用すると治療費もかなり抑えることができます。治療費の安さでクリニックを選ぶ人もありますが、ただ安いだけでは治療の効果に満足ができない可能性もあります。理想の仕上がりを得るためにも、治療技術の高さや評判はしっかりと調べておきたいところです。

まとめ

男性器の長さが不足していることをコンプレックスにしている人もありますが、自己流の努力だけでは改善は難しいものがあります。医療機関で提供されている長径術を利用すればしっかりと悩みを解消することができますが、こうした治療は保険適用ではありません。意外と治療費が高くなる場合もありますので、治療費用はよく確認しておきましょう。同じ治療方法でもクリニックごとに料金は変わりますので、複数のクリニックで比較して相場を知っておきたいところです。